モノレートを使って商品を調べる方法

こちらの記事で仕入れ店舗の見つけ方はわかったと思います。

仕入れ店舗の探し方をマスターして、どこでも仕入れができるようになろう!

2018.03.06

 

次は、店舗についたら、どうやって商品を検索すればいいか?を書いていきたいと思います。

 

何で検索するの?

商品をリサーチする時は、「iPhoneではせどりすと」「androidではセドロイド」というアプリを使います。

それぞれこちらからダウンロードできるのでダウンロードしておいてください。

せどりすと

セドロイド

これらのアプリは、モノレートというツールをスマホで使いやすくしたアプリになります。

モノレートとは、調べた商品がいついくらで売れているのか?を調べるサイトです。

 

まぁ、実際にどんどんやってみちゃうのが早いので、このページを見ながら、自分が持っている家電やスマホなどを調べてみてください。

パソコンで調べたい場合は、モノレートのサイトに直接入力していけば検索できます。

モノレートはこちらになります。

モノレート

 

 

検索方法

新品の商品を検索するときはバーコードリーダーを使って検索をしていきます。

ここでは、僕が中心に仕入れをしている中古家電の検索方法を説明します。

 

せどりすとでは、虫眼鏡(赤枠内)を押して出てきた画面の上のキーワード(黄色枠内)

セドロイドでは、画面上部の手入力の部分

 

モノレートでは一番上にあるこの部分

 

これらの部分に

  • 型番
  • 商品名
  • JANコード
  • ASIN

のどれかを入れて検索します。

 

例があったほうがわかりやすいと思うので、実際に僕が仕入れた商品で説明していきます。

仕入れた商品はこちらになります。

↓↓↓クリックで拡大されます

型番

この商品の型番は、PA-MR04LN3Bになります。

 

大体、本体の裏面に書いてあるので、色々見てみてください。

中古家電の基本は、型番検索になるので、商品のどこに書いてあるのかは徐々に覚えて行ってくださいね。

 

型番検索は、類似商品も出てくるので目当ての商品を見つけるのが大変だと思うかもしれません。

しかし、この時に

  • 新しいモデルが出てるんだな
  • ここの数字が増えると新しくなるんだ
  • 他の商品も結構売れてるな

などなど知識を詰め込むチャンスでもあります。

ただ目当ての商品を探すだけではなく、知識をつけるってところも意識していって下さい。

 

商品名

この商品の商品名は、NEC SIMロックフリー LTE モバイルルーター Aterm MR04LN 3B( デュアルSIM 対応 / microSIM ) PA-MR04LN3Bになります。

 

これは、そこまで使いませんが、たまにショーケース内の商品で型番がわからないものがあったときに使います。

今回の商品の場合だと、検索ワードは「NEC モバイルルーター デュアルSIM」などで検索すれば見つかるでしょう。

 

商品名で検索するときは、モノレートで検索するのではなく、一度グーグルなどの検索エンジンで検索して、型番を特定する方が得策です。

そうしないと、形は全く一緒だけど機能が少し違うみたいな商品を間違えて仕入れてしまい、トラブルになってしまいます。

 

一番は商品を出してもらって、直接型番を見るのが良いですが、あれもこれも出してもらっていてはお店に迷惑が掛かってしまうので、できるだけ目星をつけてから型番確認をするようにしましょうね~

 

JANコード

これは、レジで光を当てるバーコードの下に書いてある、11桁の数字です。

こんなやつです。

 

この商品の場合は、4549383502238になります。

このコードは、一つの商品につき一つ付けられているので、その商品そのものをすぐに検索することが出来ます。

たまに全く違う商品が出てくることがありますが、明らかに違うとわかる商品が出てくるので、間違えることはないと思います。

 

検索スピードで言ったら、JANコードがダントツに早いです。

間違いも少ないですし、JANコードがわかるのなら使うようにしてください。

中古をやっていると、たまにあるのですが、外箱と中身が違うことがあります。

JANコードで出てきたとしても、しっかり中の型番と同じ商品かはチェックするようにしてください。

 

 

ASINコード

これは聞いたことないと思います。

Amazonが決めた、Amazonの中だけでの識別コードです。

 

今回の商品の場合は、B015FDEH6Yになります。

 

これは、自分が仕入れた商品を再度モノレートで検索するときなどに使います。

一つの商品に対して、一つのASINコードが設定されているので、間違いなく仕入れた商品を検索することが出来るので活用してみてください。

 

まとめ

検索方法には、

  • 型番
  • 商品名
  • JANコード
  • ASINコード

があることがわかったと思います。

 

それぞれ、

  • 型番は商品知識が付けやすい
  • 商品名は型番がわからない商品を検索できる
  • JANコードは早い
  • ASINは仕入れ後の間違いをなくせる

とメリットがあるので、状況によって使い分けていって下さい。

 

検索方法はわかったと思うので、次は検索する際に、効率的にレベルアップする方法を以下の記事に書いているので、参考にしてみて下さい。

せどりレベルを効率的に上げる方法

2018.02.20

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です