FBAの納品のやり方とコツ

意外と段ボールで物を送ることってないですよね。

なので、ここでは納品をする際のコツとやり方を書いていきたいと思うので参考にしてみてください。

 

伝票の書き方

ここでは、FBAパートナーキャリアを使った際の伝票の書き方とコツを書いていきたいと思います。

FBAパートナーキャリアとは、Amazonが提供する配送方法です。

配送会社は、Amazonから指定されます。

僕の場合は、郵便局を使っての配送なので、郵便局でのやり方コツを書いています。

 

FBAパートナーキャリアでは、このような配送伝票を使います。

 

ここで書かなくてはいけないものは、品名だけです。

 

品名には、HDD、レコーダー、スピーカーなど商品名を書くようにしてください。

家電、ホビーなどと書くとその場で書き直さなくてはいけなくなってしまいます。

中に入っているものすべてを書く必要はなく、代表的なものを書けば大丈夫です。

 

一度郵便局に行って、ゆうパックの伝票袋をもらっておくとスムースに受け取ってもらえます。

伝票袋はこんなのです。

なので、伝票袋はまとめてもらっておくと便利ですね。

また、取扱注意や天地無用などのシールも言えばもらえるので、必要な方は最寄りの郵便局に行ってみてください。

 

壊れにくい商品の詰め方

基本は入れた商品が動かないようにすることです。

間にエアーキャップなどを入れてもいいですが、僕は、もらってきた段ボール、商品を買ったときについてくるビニール袋、段ボールの破材などをいれています。

 

他にも、段ボールの高さを低くするなどして、段ボールの中にぎっしり商品が詰まるようにしています。

高さを合わせても段ボールの蓋を閉めたときに、上から押して凹むようならば、間にいらない段ボールなどを入れるようにしてください。

これは、配送しているときに、上に物が詰まれる可能性があるので、その時に上が凹むようだと、一点に重さが集中して壊れてしまう原因になるからです。

 

段ボールの頑丈な使い方

段ボールに蓋をするときに何のガムテープをどのように貼っていますか?

 

まずガムテープの種類は布ガムテープにしてください。

紙ガムテープと比べると強度が全然違います。

 

次に貼り方ですが

Hの形に貼った後に真ん中に一本貼っています。

こんな感じです。

 

 

こうしておけば、そこが抜ける心配が減るので絶対にやるようにしてください。

 

まとめ

配送伝票の品名は、具体的な商品名を書くようにしてください。

中に入っているすべての商品名を書く必要はないです。

 

商品は段ボールの中で動かないように敷き詰めましょう。

隙間には、ビニール袋やいらない段ボールを入れるようにしてください。

 

段ボールを閉める際は、布ガムテープを使うようにしてください。

また、真ん中に一本貼るだけで強度が上がるので忘れないようにしましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です