せどりすとプレミアムの使い方~CSVを使わない人はドM~

せどりすとプレミアムは使っているせどらーが多いですが、その中でみんなが口を揃えて言うのが

せどらーA
せどりすとプレミアムの商品登録はめっちゃ楽で、もう離れられないよね!

...はい。それは確かに分かります。

 

でも、ほとんどの人はそこで止まってます。

これは本当に勿体ないと言いますか...

意味がないと言いますか...

 

あろうことか、せどりの情報発信をしている人たちでさえ、ほとんどがその程度でしかせどりすとプレミアムを使いこなせていません。

どんなに探しても、せどりすとプレミアムでCSVの使い方まで説明しているブログが見つからないのです。

 

 

これはつまり、せどりすとプレミアムで商品登録して、出品したら満足していて、売上管理をしていない。帳簿を作成していない。

っていうのを、自ら露呈しているようなものです。

 

いや、売上管理や帳簿の作成はしていたとしても、せどりすとプレミアムのCSVを使っていないのであれば...

それはメチャクチャ効率の悪いことをしています。

 

効率の悪い、めんどくさいことをそのまま放置しているのは、ただのドMです(笑)

 

なぜ、せどりすとプレミアムのCSVを利用しなければならないのか?

せどりすとプレミアムのCSVを使えば、仕入れた商品の仕入れ値、仕入れ店舗などのデータをCSV(エクセル)ファイルで保存をすることが出来ます。

このファイルを使うことで売上管理、帳簿の作成が、ものすごく簡単にできるようになります。

 

これをやっておけば、確定申告なんてあっという間に終わらせれるようになるのに...

みんなこれを使いこなしていないから、毎年確定申告でレシートと睨めっこして泣きそうな思いをする羽目になるんです。

 

それって結局非効率なことをしてるってことですよね?

せどりすとプレミアムのCSVを利用せずにいる人は、毎年の確定申告で辛い思いをするのが目に見えているので、僕にはそういった人がドMにしか見えません...

(僕はMですが辛い思いはしたくないです)

 

せどりすとプレミアムのCSVを使えば仕入れのレシートを見る必要なんてありません!

仕入れをしたら、そのレシートは、そのまま封筒に入れちゃって保管しておきましょう。

 

 

僕はせどりすとプレミアムのCSVを使って仕入れ情報を、以下の様な売上管理表に入力しています。

(せどりすとプレミアムのCSVを使っているから入力も非常に簡単です。※入力方法は後程説明します。)

 

※画像はクリックで拡大します。↓

 

この売上管理表はAmazonで売れた商品の売上や注文日を自動入力してくれて、利益の計算まで自動でしてくれます。

せどりすとプレミアムのCSVとの相性も抜群なので、この売上管理表も合わせてお使いください。

これがあるから確定申告の帳簿も簡単に作成できます。(かなりおススメ)

↓ ↓ ↓

売上管理表

 

せどりすとプレミアムは月額5,400円という固定費がかかります。(初月は10,800円)

なのに、せどりすとプレミアムのCSVを使わずに結局効率の悪いことをしていたら、毎月お金払ってる意味ないです!!!

逆に言えば、せどりすとプレミアムのCSVまで使いこなせたら月額5,400円というコストパフォーマンスは相当素晴らしいものとなります。

 

 

この記事に辿り着いた方には、せどりすとプレミアムのCSVを活用出来るようになっていただきたいので、以下よりせどりすとプレミアムの使い方【実践編】としまして

商品登録~CSVの活用法(売上管理表への入力)までの超簡単な方法

を、お伝えしていきます。

 

是非、最後までお読みいただき、せどりすとプレミアムのCSVを活用出来るようになってください。

なぜCSVの活用法だけではなく、商品登録の説明もするのか?

それは、商品登録の際に必要な情報を正しく入力出来ていないと、CSVを上手に活用できないからです。

 

せどりすとプレミアムの仕入リストへ商品を移動させる。

せどりすとプレミアムには

  • 商品の検索が保存される「検索リスト」
  • 仕入れを決定した商品を保存する「仕入リスト」
  • せどりすとプレミアムからAmazonに直接出品(商品登録)する為の「出品リスト」

これら3つのリストが用意されています。

 

仕入れ対象となる利益商品を見つけたら、まずは『仕入リスト』へ商品を移動させます。

 

Amazonに直接出品(商品登録)までの作業簡略化の為に、こちらの作業をスキップして、出品リストへ移動させることも可能です。

しかし、仕入リストであればその日の仕入れの総仕入れ額や総見込み利益が把握できるので、まずは仕入リストに移動させます。

 

また、出品リストは出品後削除してしなければならないので記録に残りませんが、仕入リストは残しておけます。

記録に残しておけば、後で見返すことも可能なため、仕入リストに移動させます。

(出品リストを削除させる理由は後述いたします)

 

仕入れ店舗の入力をする。

まず最初のこの仕入れ店舗の入力機能を使っていない人が結構多いです。

確定申告に必要な帳簿には「いつ、いくらで、何の商品を、何個、どこで買ったか」という記録を残さなければなりません。

 

その為、この仕入れ店舗の入力は必須です!

この仕入れ店舗の入力をする為には、せどりすとプレミアムの設定の中にある、『店舗設定』をする必要があります。

仕入れに行った際に、店舗設定で、その店舗名を入力しておきましょう。

店舗設定の仕方は、せどりすとプレミアムの設定と商品登録を一発で終わらせる方法に記載してあります。

 

以下の画像の赤枠部分をタップすると、画面下部に設定済みの店舗を選択できます。

仕入れ対象となる利益商品を見つけたら、実際に仕入れをした店舗名を選択しましょう。

 

 

仕入れ値、出品価格の入力をする。

次に、仕入れ対象となる利益商品の仕入れ値と出品価格を入力しておきましょう。

こちらも確定申告に必要な帳簿の記録である「いつ、いくらで、何の商品を、何個、どこで買ったか」という記録の為です。

 

また、せどりすとプレミアムの場合は、こちらで仕入れ値と出品価格を入れると自動的に利益の計算もしてくれます。(精度も高い)

 

仕入れ値、出品価格の入力は、電卓マーク(赤枠部分)をタップすると入力することが出来ます。

 

 

仕入リストへ移動させる商品を選択して、移動。

仕入れ店舗、仕入れ値、出品価格の入力が出来たら、その商品を仕入リストへ移動させます。

 

画面右上にある『編集』ボタンをタップしてください。

 

 

仕入リストに移動させる商品にチェックを入れて選択し、以下の画像の赤枠部分をタップしてください。

 

 

メニューが出てきますので、『仕入リストへ』を選択してください。

 

 

確認画面が出来てきますので、問題なければ『移動する』を選択してください。

 

 

これで、選択した商品が仕入リストに商品が移動しました。

 

仕入リストの中でも、店舗名、仕入れ値、出品価格の変更は可能なので、修正したい場合は仕入リストから編集してください。

 

出品に必要な項目(コンディションや出品説明文等)を仕入リストの中で入力する。

せどりすとプレミアムには、商品をAmazonに直接出品(商品登録)が出来る機能が備わっています。

正直、これはもの凄く便利で簡単なので、この機能を使わないという選択肢はあり得ません。

 

商品をAmazonに直接出品(商品登録)する前に、必要な項目(商品のコンディションや出品説明文)を仕入リストで入力してしまいましょう。

 

仕入リストは、『』のマークをタップしてメニューを開きます。

 

 

メニューの中に『仕入リスト」がありますので、タップして仕入リストを開いてください。

 

 

出品するコンディションを選択する。

Amazonでは新品、中古(ほぼ新品、非常に良い、良い、可)、コレクターといった商品のコンディションを設定して出品をします。

 

以下の画像の赤枠部分をタップすると、画面下部にコンディションを選択できます。

その商品の出品するコンディションを選択しましょう。

 

 

出品説明文を入力する。

出品説明文は出品後でも入力、修正することができますが、分かる範囲で記入しておいた方が良いでしょう。

 

僕は中古の仕入れがメインなので、付属品などを仕入れの時に確認して記入するようにしています。

(仕入れの時に確認しているのに、後からまた確認しながら記入していたら2度手間になるため)

 

以下の画像の赤枠部分をタップすると、『出品コンディション』と表示されている下部で、出品説明文の入力をすることが出来るようになります。

 

画像では既に出品説明文が記入されています。

 

これはせどりすとプレミアムの設定にある『既定コンディション設定』で、商品のコンディションを選択した時に自動的に出品説明文が入るようになる設定です。

この設定をしておくと入力は追記や修正が必要な箇所を一部入力し直すだけなので、是非設定しておいてください。

 

また、『よく使うコメント設定』をしておくと、出品説明文の作成時に、設定したよく使うコメントが以下の画像の様に表示され、出品説明文に追記できます。

こちらも併せて、設定しておくと出品説明文の入力が非常に効率化できます。

 

 

『既定コンディション設定』『よく使うコメント設定』の設定方法は、せどりすとプレミアムの設定と商品登録を一発で終わらせる方法に記載してあります。

 

SKUを入力する。

SKUとは、Amazonで商品を出品する際に、1つ1つの商品に割振る「個体識別番号」の事です。

 

このSKUは自由に設定することが出来ますので、僕は仕入れ値や、仕入れ日を入力しています。

SKUにそれらが入っていれば現在の出品価格からある程度の利益を計算出来たり、いつ仕入れた商品か確認できるので不良在庫とならないような管理もすることが出来るからです。

 

ただ、SKUは自分で入力する必要はありません。

せどりすとプレミアムの設定にある『SKU設定』をしておけば、勝手に仕入れ値や仕入れ日がSKUに組み込まれて、自動的に入力されるようなります。

(もちろん、SKUを自分で入力や変更することも出来ます)

 

1点SKUの注意点としましては、同じSKUは他で使えないので、絶対にSKUが被らないようにしないといけませんが、こちらも『SKU設定』で通し番号を自動的に入れることが出来るので、被ることの無いSKUを自動的に入力させることが可能です。

 

『SKU設定』の方法は、せどりすとプレミアムの設定と商品登録を一発で終わらせる方法に記載してあります。

 

 

『SKU設定』をしておけば、以下の画像の赤枠部の様に、設定した形に合わせて既にSKUが入力されているかと思います。

もしSKUを変更したい場合は、画像の赤枠部をタップすることで変更することが出来ます。

 

 

仕入リストに商品を移動する前に、店舗名、仕入れ値、出品価格を入力していましたが、仕入リストの中で変更させることも出来ます。

 

以上で、仕入リスト内で行う作業は終わりです。

仕入れをする商品はここまでで説明したように、必要事項を必ず入力しておくようにしましょう。

 

せどりすとプレミアムの仕入リスト→出品リストへ商品を移動させる。

仕入れた商品をAmazonに直接出品(商品登録)する為に、仕入リストから『出品リスト』へ商品を移動させる必要があります。

せどりすとプレミアムのCSVも、商品を出品リストへ移動することで活用します。

 

 

出品リストへ移動させる商品を選択して、移動。

仕入リストから、Amazonに直接出品(商品登録)する商品を選択します。

 

仕入リストの画面右上にある『編集』ボタンをタップしてください。

 

 

出品リストに移動させる商品にチェックを入れて選択し、以下の画像の赤枠部分をタップしてください。

 

 

メニューが出てきますので、『出品リストへ』を選択してください

 

 

確認画面が出来てきますので、問題なければ『移動する』を選択してください。

 

 

これで、仕入リストで選択した商品が、出品リストに移動しました。

出品リストへ商品を移動しても、仕入リストに商品は残りますので安心してください。

一応、出品リスト内でも、仕入リスト内と同様の手順で各種項目の変更をすることは出来ます。

しかしその場合、仕入リストとは連動していないので、出品リストの内容を変更しても仕入リストの内容は変更されません。

(逆に仕入リストの内容を変更しても、出品リストの内容が変更されることもありません)

内容を変更する際は、注意してください。

 

せどりすとプレミアムの出品リストからAmazonに直接出品(商品登録)する。

せどりすとプレミアムの最大の特徴と言っても過言ではないのが、このAmazonに直接出品(商品登録)する機能です。

 

そして、ここまでで出品リストに入っている商品は、必要な項目は全て入力出来ているため、Amazonに直接出品(商品登録)はたったの4クリック(タップ)です。

①:『』のマークをタップしてメニューを開きます。

 

 

②:出品リストを開く

 

 

③:出品リストの中で、以下の画像の赤枠部分をタップ

 

 

④:メニューが出てくるので、『今すぐ直接出品』を選択

 

 

たったこれだけでAmazonに直接出品(商品登録)が完了です。

ものすごく簡単ですね。

 

その後、以下の画面が表示されます。

ここでは、必ず「する」を選択してください。

 

ここで『する』を選択しておかなければ、次回Amazonに直接出品(商品登録)する時に、出品リストに入っている商品を全て出品してしまうからです。

 

これの何がダメなのかと言いますと、先述もしましたが、SKUという個体識別番号で商品1つ1つを管理しています。

 

その為、出品リストに入っている商品を全て出品するということは、1度出品した商品を再度同じSKUで出品し直すということになります。

すると、既にそれらの商品で値段やコメントを変えてた場合、出品リストに入れてある値段コメントに改変されてしまうのです。

 

しかし、上記の確認で『する』を選択しておくことで、次回の出品(商品登録)する時には、以下の様に選択肢が表示されます。

ここで『出品済み商品以外を出品する』を選択すれば、前回までで出品(商品登録)したものは省かれて、新たに出品リストに入っている商品だけが出品(商品登録)されます。

 

 

だがしかし!!!

上記の画面で、万が一『そのまま出品する』を誤って選択してしまう可能性もあります。

しかも、厄介なことにここでの選択は、確認画面が表示されずに、1タップ(クリック)で出品されてしまうのです。

(ある種のワンクリック詐欺)

 

万が一、そのようなことが起きるのを防ぐために、出品リストにある商品は、その都度すべて削除しておくことを強くオススメします!!!

 

ただし、出品リストをすべて削除するのは、この後説明する出品リストをCSV(エクセル)ファイルとして保存した後に削除を行ってください。

 

せどりすとプレミアムの出品リストをCSV(エクセル)ファイルとしてメールで送る。

ここまで出来て、ようやくせどりすとプレミアムのCSVに触れていきます。

せどりすとプレミアムの出品リストからAmazonに直接出品(商品登録)をしたら、そのまま次はその出品リストをメールで送ります。

 

出品リストの中で、以下の画像の赤枠部分をタップしてください。

 

 

メニューが出てくるので、『リストをメールで送る』を選択

 

 

次のメニューが出てくるので、『通常リスト』を選択

 

 

iCloudのメール送信画面に移動します。

このメールに「sedolist.csv」というファイルが添付されているのが分かります。

 

 

 

なぜか、せどりすとプレミアムからメールを送ろうとしても、送れないことが頻繁にあるので、ここではメールを送信せずに一旦下書きとして保存します。

 

 

下書きにメールを保存したら、一度iphoneのホーム画面を表示させ、メールアプリを立ち上げてください。

 

 

メールアプリを開いたら、下書きを選択します。

 

 

先ほど保存したメールが下書きファイルに残っているので、開いてください。

 

 

宛先をパソコンで受信できるご自身のメールアドレスに設定して、メールを送信します。

(GmailやYahooメール等のフリーメールがおススメです)

 

 

これで、せどりストプレミアムの方での作業は終了です。

この後、この出品リストのCSV(エクセル)ファイルを売上管理表に入力していく方法をお伝えします。

 

先述した通り、次回の出品(商品登録)時に、すでに出品済みの商品を再度出品(商品登録)してしまわないように、ここまでやったら必ず出品リストの商品をすべて削除しておいてください!!!

 

せどりすとプレミアムの出品リストを売上管理表に入力する。

売上管理をまともにできていない人はものすごく多いです。

そういった人に限って、管理の必要性も分かっていないし、確定申告の時に辛い思いをします。

 

自分の売上、利益、在庫を管理、把握せずに投資が出来るはずはありません。

資金(投資できるお金)、在庫(持っているポジション)、利食い、損切りラインを把握するための管理、把握は投資をするうえで必須です。

(僕はせどりを投資だと考えています)

 

せどりは投資でもあり、ビジネスとも捉えられるでしょう。

ビジネスであればなおさら管理が出来ていないビジネスは破綻することは容易に想像が出来ます。

 

つまり、せどりをやる上で売上管理表は絶対に必須なのです。

その他にも確定申告、帳簿の作成にも売上管理表はものすごく役立ちます。

売上管理表の必要性はこちらの記事で詳しくお話ししています。

↓ ↓ ↓

関連記事:絶対に必要な売上管理

 

せどりすとプレミアムの出品リストを開き、売上管理表にコピペが出来る状態にする。

パソコンを開き、先ほど宛先に設定したメールアドレスの受信ボックスを開きます。

すると、メールが届いているはずなので、添付されている「sedolist.csv」というファイルをパソコンでダウンロードしてください。

 

 

ダウンロードしたファイルを開くと以下の様になっています。

※画像はクリックで拡大します。↓

 

 

 

このまま、売上管理表に必要な項目をコピペすることができるのですが、その前に必ずやっておかないといけないことがあります。

売上管理表は、1個1行使います。

つまり、『個数』が2個ある商品は、2行にしなければいけません。

(『個数』が10個ある商品なら、10行)

 

今回ダウンロードした出品リストの中であれば、上の画像の赤枠の商品は個数が2個なので、2行にします。

複数ある商品の1つ下の行に、個数分の空白の行を作ります。

(今回の例であれば2行にするので、1行空白の行を作る)

 

 

 

これで、2個ある商品の下に、1行追加することが出来ました。

同じ要領で、複数個仕入れている商品は仕入れた個数の分だけ、空白の行を追加しておいてください。

(10個仕入れているのであれば、10行にしなければならないので、9行空白の行を追加する)

 

 

 

せどりすとプレミアムの出品リストを売りげ管理表に必要な項目コピペする。

また、先ほども記載してましたが、僕はせどりすとプレミアムの出品リストをCSV(エクセル)ファイルとしてメールで送ったら、その出品リストを、以下の様な売上管理表に入力しています。

見比べると、せどりすとプレミアムの出品リスト(CSV)には必要以上に項目があることが分かります。

※画像はクリックで拡大します。↓

 

この売上管理表はAmazonで売れた商品の売上や注文日を自動入力してくれて、利益の計算まで自動でしてくれます。

せどりすとプレミアムのCSVとの相性も抜群なので、この売上管理表も合わせてお使いください。

これがあるから確定申告の帳簿も簡単に作成できます。(かなりおススメ)

↓ ↓ ↓

売上管理表

 

売上管理表に必要な項目を、せどりすとプレミアムの出品リストの中から分かりやすくするために、上下に並べます。

すると、必要な項目とが以下の様になります。

※画像はクリックで拡大します。↓

 

 

せどりすとプレミアムの出品リストの中から、売上管理表に必要な項目をコピーして貼り付けます。

売上管理表に貼り付ける際は、そのまま貼り付けるのではなく、貼り付けオプションの中から「値」を選択して貼り付けてください。

書式が崩れて見難くなります。(文字の大きさ、日付の表示崩れや、¥マークが消えるなど)

 

全て貼り付けると以下の様になります。

 

 

複数個仕入れた商品の下に、先ほど作った空白の行が出来ています(上記画像の赤枠部)

空白になっている行の上にある商品が複数個仕入れた商品をなるので、コピーして貼り付けます。

 

これで全て完成です。

せどりすとプレミアムのCSVを使って売上管理表に仕入れた商品のデータをすべて入力することが出来ました。

これで、売上管理、在庫管理、資金管理、確定申告の帳簿作成の準備は万全です!!

 

先述している通り、この売上管理表はAmazonで売れた商品の売上や注文日を自動入力してくれて、利益の計算まで自動でしてくれます。

これがあるから確定申告の帳簿も簡単に作成できます。

↓ ↓ ↓

売上管理表

 

まとめ

いかがでしたか?

記事として見るとやることがメチャクチャあるように思うかもしれませんが、順を追ってやっていけば意外とやることは少ないです。

数回やってしまえば、鼻歌歌いながらでも出来るレベルになると思います。

 

もうレシートを睨めっこする必要なんてなくなります。

 

 

せどりすとプレミアムは非常に優れたツールです。

だけど、情報発信者も含めて使いこなせていない人があまりにも多すぎます。

 

商品登録が早い程度で満足していては、意味がありません。

折角、月々5400円も払って使うツールなので、存分に使いこなさないとただのムダ金払ってるのと同じです。

 

せどりで確定申告が必要な利益を出すことは、かなりハードルが低いことなので、確定申告のためにも売上管理は絶対必須。

売上管理をするための管理表は友人の尾崎さんが、せどりに特化した素晴らしい管理表を提供してくれています。

 

その売上管理表を使えば、管理はもちろん、確定申告に苦労して、辛い思いをする必要なんてありません。

 

せどりすとプレミアムのCSVをしっかりと活用すれば、管理なんて全然難しくないようにツールは揃っています。

 

せどりすとプレミアムでパパっと商品登録を済ませて

せどりすとプレミアムのCSVを使ってパパっと売上管理表に仕入れ情報を入力して

日々の売上管理は、売り上げの自動入力済ませる。

 

この一連の流れを、マスターして(マスターするって言うほど難しくないですが)、スムーズにせどりに取り組めるようになってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です