せどりが儲かってしまう仕組みを徹底解説!

せどりで利益が出る理由って考えたことありますか?

この記事を読んで、少し認識を変えるだけで、

仕入れをしたことある人は、商品を探しているときに見ている世界がガラッと変わります。

これから仕入れをするって人は、効率的に商品知識を詰め込むことが出来るようになります。

 

大体、価格差は需給差で解説されていることが多いと思います。

需要よりも供給が大きくなって、価格が上がるから価格差が出て利益が出る。

需要曲線がこっちに動くと値段があがるでしょ?みたいな

それをグラフを出して説明しても知的でいいんですが、そんなに役に立たないので省きますね笑

 

とはいっても、基本は需給差で説明できます。

なので、まず、需給差で価格差が出来る理由を説明しますね~

もし、夜寝る前に、あなたの今の10分1000円で売ってくれませんか?

と言われたら、売りたい人は結構多いと思います。

そして、朝ベットで起きたときに、今なら10分2000円ですよ。

って言われたら。。。

これまた、買う人が沢山いると思います。

これで利益が出せますね。現実でできないのがすごく惜しいですが。。。笑

つまり、夜の時間は供給(自分の時間がある人)が多く、需要(自分の時間がない人)が少ないので価格が安い。

逆に朝の時間は供給が少なく需要が多いので価格差が出来る。

 

これで雰囲気は掴めたと思います。

こうやって、需給差で価格差が生まれます。

まぁ、ここまでは余談です笑

 

ここからが、本番ですよ!

 

需給差で価格差が出来ることはわかった。

じゃ~なぜ需給差が出来るのか、需給差以外で価格差が出来ることはないのか

これを考えていきましょう。

 

まず、僕はここら辺を考えています。

①トレンドによる需給差の発生

②生産が終了した商品

③企業のごみは個人レベルでは、ごみじゃない

④地域間格差

⑤ネットと現実での格差

⑥知識格差

⑦ブランド力の格差

このあたりを考えるだけで、大分見える世界が変わりますよ!

 

では、それぞれ解説していきたいと思います。

 

①トレンドによる需給差の発生

 

これは、説明するまでもないですが、一応説明します。

世間一般で大人気になり、企業の生産が追い付かず、定価以上のお金を出しても今すぐ欲しい人がいます。

なので、その価格差で利益が出る。

ご存じ、皆さんが嫌いな買占めです。

もちろん、買占めされるから価格が上がるという側面と、話題にするために供給を絞っているという側面も考えることが出来ます。

買占めは、僕も嫌いなので擁護するつもりはありませんが、物事を多角的に見るようにすれば、せどりだけでなく様々なものの見え方が変わってきます。

これは悪だ!と決めつけるのではく、色々な見方をしてみてください。

この価格差は、僕がやっている中古にはあまり関係ないです。

②生産が終了した商品

これは、生産完了するということは、供給が0になるので需要が減らない限り価格が上がり、その価格差で利益が出る。

これは、新品でも中古でもあります。

なので、現在生産され販売されている商品よりも、生産が完了している商品の方が利益が出しやすいです。

これはあくまで確率論の話です。

現在生産され発売されている商品に価格差が生まれないわけではありません。

ただ、生産が終了した商品の方が、リサーチしたときに利益が出やすいというだけです。

その商品に需要があれば。。。というとこが難しいとこでもあります。

例えば、こういう生産完了しても需要がある商品は、価格差が生まれやすいです。

そのため、古い商品、知らない商品も積極的にリサーチすることで仕入れの幅が大きく広がります。

③企業のごみは個人レベルではごみじゃない

これは、イメージしやすいと思います。

どこのお店でもやっているであろう、在庫処分がこれにあたります。

在庫処分とは、基本的には企業にとってはいらないものです。

もちろん、客寄せの効果もあると思いますが、今回は、せどりで利益が出る理由の話なので、単純に在庫処分だと思って下さい。

この場合の価格差は、単純に企業(売り手)が安く売ってるために、相場との価格差が出来ているだけです。

もう少し深く考えると、なぜ企業は安くするのか?

これは、店舗の場合は、新しい商品を販売するために販売スペースを確保する必要もありますし、企業によっては回転日数などに決まりがあるなどが考えられると思います。

それなら、なぜ企業はAmazonで販売しないのか?

これは、企業からしたらたかが数百万円のためにそこまでする必要はないということです。

これを考えれば、せどりがこの世からなくなることはほぼないだろうと言えます。

 

では、この考え方を、中古に活かすにはどうすればいいでしょう?

店舗の販売スペースの確保を考えるのであれば、大きい商品をリサーチする。同じ商品群がたくさん置いてある商品をリサーチする。などが考えられます。

在庫回転日数の考え方だと、その店舗に長くおいてある商品や、季節物などの需要が短い商品を調べる。になります。

 

④地域間格差

これは、単純に沖縄と北海道を考えてもらえばいいと思います。

北海道では9月にいらなくなる扇風機が、沖縄ではまだまだ必要。

この場合、価格差が出来るの北海道と沖縄間ですが、Amazonでは日本全国で販売しているので、この価格差を利用できます。

このモノレートは、2018年1月のものですが、この寒い時期でも扇風機は売れています。

なので、季節外れ商品でも日本全国に販売できるAmazonでは利益を出すことができます。

 

もう少し深く考えると、秋葉原でPCパーツを売るのと田舎でPCパーツを売るのはどちらが高く売れるか?

なども考えられると思います。

この場合は、田舎(PCに詳しい人間が相対的に少ない地域)で売られているPCパーツは

 

買う人が少ないから、在庫回転日数も長くなるし店舗も安く売ってるだろう。。。

だから、価格差が出るかな?

 

と考えることが出来ます。

⑤ネットと現実での格差

 

これは、僕が一番活用している考え方です。

あなたの地元にもリサイクルショップはあると思います。そこに物を買いに来るひとは基本的には地元の人間です。

 

では、日本で一番物が売れているであろうAmazonで月に4個しか売れない商品がそのお店で売られていたら、その商品は売れるでしょうか?

 

おそらく、ほぼ、売れないと思います。

しかし、日本全国に販売できるAmazonではその商品を売ることが出来ます。

 

つまり、店舗では売れない商品を全国に向けて販売することで利益を生み出すことが出来ます。

これの例は、珍しいブランドの商品、マニアックな商品など自分が知らない商品が多いです。

そのような自分が見たこともないものを見かけたときは積極的にリサーチすれば利益を上げやすいと思います。

 

⑥知識格差

これを店舗(プロ)を相手に活用するのは結構レベルが高いです。

簡単に活用するなら、メルカリなどの販売者が素人の場で使えば簡単に活用できると思います。

販売者が素人の場合は、そもそもその商品にどのくらいの価値があるのか?がわかっていない場合があります。

これをうまく活用しようと思ったら、メルカリで中古の子供服を販売しているアカウントが販売している家電やガジェットを探すとかでできます。

これは、販売者に知識がない為、利益は簡単に出すことが出来ますが、商品のチェックなどが甘いので諸刃の剣でもあります。

店舗(プロ)相手に使おうと思ったら、それなりの知識が必要です。

この商品は、書いてある型番も見た目も同じだけど、この部品が付くとこっちの型番なんだよね。

など、自分の知識がないと活用し辛いです。

ですが、一度覚えてしまえばこっちのものです。

なので、自分がすごく好きなものがあり、その知識がある場合は、その商品群を調べることで利益を出すことが出来ます。

他にも、その店舗がどのように商品に値付けをしているか?を考えると効率的にリサーチできる場合があります。

全国的にある、ハードオフは基本的には、ヤフオクの相場で値付けをしています。

そのため、この後に説明しているブランド力の格差は使えます。

神奈川県にあるワットマンというリサイクルショップは、おそらくamazonを基準に値段をつけています。

この場合は、amazonで中古が販売されていない商品、または、amazonに現在出品者がいない商品などは利益が出しやすいです。

こんな風に、店舗ごとの特性を考えてみると効率的な仕入れができるようになると思います。

 

⑦ブランド力の格差

これは、Amazonで販売している限り常に利用できています。

 

例えば、すごく壊れやすい商品や機能が複雑な商品を買うときは、少しでも安心なAmazonで買いたいとおもいませんか?

 

そういう商品は、少し高いお金を出しても、安心して買い物がしたいという層がいるので、Amazonでの販売価格が上がっている場合があります。

これはAmazonで販売している限り、恩恵を受けているので、Amazonのブランド力を下げないように僕たちも努力していきたいですね

 

このように、利益が出る背景にも、色々なパターンがあるんです。

こんな風に、その価格差が出来た背景を考えることで、ただモノレートを見て、価格差を調べるだけよりも、圧倒的に自分の血肉になります。

もちろん、他にも色々な理由が考えられると思うので、自分なりに一つ一つ考えて行けば、仕入れに苦労することはなくなると思います。

ちょっとだけ意識を変えてみるだけで、最終的に大きな違いになります。

また、考えながら仕入れをすることで、記憶に定着させやすくなります。

長くなってしまったので、記憶の話はまた今度話したいと思います。

ではでは、これからは意識してみてくださいね~

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です