詐欺サイトの見分け方 ○○を確認すれば絶対に騙されない

実店舗では、詐欺はよっぽどありませんが、ネットで仕入れ先を探していると、結構詐欺サイトは見つかります。

 

とにかく販売しているものが格安で分かりやすいサイトもありますが、一見普通のサイトに見えてしまうサイトも存在します。

 

ここではそんな詐欺サイトに引っかからない方法を解説しているので、絶対にマスターしてくださいね。

 

会社概要に乗っている情報

会社概要とは、販売者の情報が載っている場所のことです。

 

ここには、

  • 会社名
  • 所在地(住所)
  • 電話番号
  • 責任者の氏名

が書かれています。

 

会社概要に書くべきことは、特定商取引法という法律で決められています。

そのため、会社概要やショップ情報にこの情報の一つでも欠けているものがあったら、ほぼ詐欺サイトだとわかります。

僕の感覚だと、詐欺サイトは電話番号が載っていないことが多いです。

 

他にも、メールアドレスがフリーアドレスを使っているなどもあります。

  • gmail.com
  • outlook.com outlook.jp
  • hotmail.com
  • live.jp

などなど、こんなアドレスを使っていたら要注意です。

 

今では、グーグルマップにストリートビューという機能があるので、これで所在地を検索してみてもいいですね

 

https~になっているか

僕のサイトはhttpsになっています。

この部分です↓

こんな風に🔒のマークがついていればhttpsになっている証拠です。

httpsとは、情報を暗号化して送信していますよという証拠です。

 

そのため、販売しているサイトの

  • ログイン画面
  • 会員登録をする画面
  • 配送先などの個人情報を入力する画面

このような画面で、URLの先頭が「https~」になっていないサイトは、セキュリティー対策が甘い企業であるので、詐欺サイトではないにしても購入は控えた方が良いです。

 

クレジットカードが使えない

これも詐欺サイトに多い傾向です。

支払い方法に、クレジットカードと書いてあるが、実際に購入ページに行くと銀行振り込みしかできない。

この時に、あれ?と思えれば、会社概要を見てみたり細かくチャックしていって下さい。

実際に店舗があり、ネット販売は次いででやっている企業などは、クレジットカードが使えなかったりします。

この場合は、ストリートビューで店舗を見てみる。

または、次に書く振込名義に注意してください。

 

振込名義

会社概要、URLを確認して大丈夫だったとしても、100%安全だとは言えません。

そもそも、会社概要に嘘の情報が書かれている場合があるからです。

この時に、振込先が

  • 法人名義になっていない
  • 個人名義でも、会社概要の責任者の氏名じゃない

この場合は、詐欺サイトなので絶対に振り込まないでください。

 

まとめ

普段は、あまり詐欺サイトは見かけないかもしれません。

しかし、相場より安い商品を探そうと検索していくと、それなりの数の詐欺サイトに遭遇すると思います。

 

なので、常に油断せず

  • 会社概要を確認する
  • URLを確認する
  • 振込先を確認する

これだけは忘れないようにしてください。

 

どうしても、わからない場合は、企業概要に書いてある電話番号に電話してもいいと思います。

それで、優良企業だったらかなりのあたりですしね。

 

ではでは、詐欺に引っかからないようにくれぐれも注意してくださいね~

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です