仕入れ店舗の探し方をマスターして、どこでも仕入れができるようになろう!

初めの頃は、「仕入れに行こ~」となった時に、どこの店舗に行けばいいか悩みませんか?

ここでは、そんな時にどうやって店舗を見つけるか教えます。

 

僕は、一か月の内ほとんど地元の埼玉にいないです。

それでも仕入れ店舗に困ることはありません、どこに居ても仕入れ先を見つけられます笑

どんなことを考えながら店舗を探しているかも書いていこうと思うので参考にしてみてくださいね。

 

便利なアプリ

僕が仕入れ店舗を探すときや、管理するときに使っているアプリを紹介していきます。

まだ入れていない人は、是非活用してくださいね。

 

ロケスマ

大手の企業の店舗であれば、大体見つかると思います。

まだ、仕入れに慣れないうちは、地元の個人店やあまり有名じゃないチェーン店に攻め込むよりは、ロケスマで出てくる店舗で仕入れに慣れるのが良いと思います。

使い方は説明するまでもないと思うんで、インストールしてみてください。

 

グーグルマップ

これは、ロケスマに出てこないような小さい店舗を探すときに使います。

 

僕の場合は、

  • 「リサイクルショップ、家電、ホームセンター」などで検索してみる。
  • そこで、ある程度規模が大きそうな店舗を見つける。
  • その店舗名で周辺を検索する。

 

店舗名で検索した時に、その周辺に系列店が何店舗かあれば、それなりの規模でやっている、地元では有名な店舗の可能性が高いです。

そのくらいの店舗であれば、ある程度商品もあるだろうし、仕入れできる商品はありそうだなと思い行くようにしています。

 

他にも、グーグルマップの活用法で、スター付きの場所を使う方法もあります。

事前にパソコンのグーグルマップで行きたい店舗を調べておき、スターをつけておけば、スマホのグーグルマップにもスターが付くのでルートを考えたりするのが楽になります。

 

行ったことがある店舗にスターをつけておけば、新しく出来た店舗やまだ行ったことがない店舗もすぐにわかりますしね。

僕のグーグルマップは、スターのつけすぎで大変なことになっています。

このスターがついてるところでは、仕入れをしたことがある店舗になります。(スター付け忘れの店舗もかなりあるんで、実際はもっと多いと思います。)

 

これを見るとわかりますが、首都圏の方が、店舗が多いですが、地方でも普通に仕入れはできることがわかると思うので、地方でも安心してください。

 

店舗を探すときの考え方

基本的には、どんなところでも仕入れはできます。

  • 薬局
  • コンビニ
  • 地元のスーパー
  • よくわからないリサイクルショップ

どこでも大丈夫です。

 

この時に、思い込みは捨てましょう。

  • おもちゃを仕入れるならおもちゃ屋
  • 中古家電を仕入れるならリサイクルショップ

こんな風に考えていると、店舗が少ない地域に住んでる方やそういう地域に遠征に行ったときに店舗に困ってしまいます。

 

おもちゃならイオンやドン・キホーテ、ホームセンターなどなどどこでも売っていると思います。

中古家電なら、家電量販店でも展示品は中古ですし、ホームセンターにも家電のアウトレットが売っていたりします。

 

もちろん、初めは大手で仕入れていく方が効率が良いと思います。

 

しかし、仕入れ店舗を限定してしまうと苦労すると思うので柔軟に考えていきましょう。

小さい店舗や知らない店舗は、商品知識があるからこそ輝きます。

お店に入って、知っている商品の値段を見て、そのお店の値付けが高いのか安いのか、どんなジャンルの値付けが雑なのか。

そういう考えが出来て、やっと活用できます。

なので、初めは商品数が多い店舗で商品知識をつけていってください。

 

ネット仕入れの店舗の探し方

ここまでの店舗の探し方は、実店舗の探し方の説明だと思われたと思います。

 

「じゃ~ネットで仕入れをしようと思った場合はどうするの?」

と思われるかもしれませんが、実店舗の探し方となんら変わりありません。

 

 

  • 仕入れ先を限定せずに調べていく
  • 初めは大手で商品知識をつける

これで間違いないです。

 

一つ実店舗とネットで違う点は、小さい店舗を探すときです。

実店舗の場合は、グーグルマップで「家電」「リサイクルショップ」で検索していくって方法でしたよね。

 

これをネットでやると、大手ばかりが引っかかりなかなか小さい店舗を見つけるのは大変です。

 

そんなときは検索対象を細かくしていくことがお薦めです。

 

例えば、家電を売っているお店を調べたいと思ったときに、家電で検索すると大手ばかりが出てきてしまいます。

 

そんなときは、「カメラ 通販」「PC周辺機器 webショップ」「音響機器 専門店」など検索対象を細かくしていきましょう。

 

もっというと、商品知識がついてきているのなら、今まで仕入れた商品名で検索していくと、マイナーな店舗が見つけられるかもしれません。

 

実店舗では詐欺の可能性は限りなく低いと思います。

しかし、ネットでは詐欺サイトはたくさんあります。

詐欺サイトの見分け方は、こちらに詳しく書いてあるので参考にしてください。

詐欺サイトの見分け方 ○○を確認すれば絶対に騙されない

2018.03.11

 

 

 

まとめ

とにかく、どんな店舗でも仕入れはできます。

しかし、まずはどんどん調べて知識をつけて行かないと話になりません。

 

店舗を探す考え方やコツを書きましたが、まずは行ってみる。

その時はダメかもしれませんが、経験を積んで知識をつければその店舗も輝くかもしれません。

「もうあそこはいかない」など自分に制限をかけないでくださいね。

 

とにかく動く!

 

これを意識していれば、成長の速度はかなり上がると思います。

どんどん動いていって下さいね~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です